インドアビュー

ボールパークドットコムの価格表示は税込み価格となります。

FAX注文書

カレンダー

2017年5月の定休日
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

ショッピングカート

商品数:0点

合計:0 円

カゴの中を見る

商品カテゴリー

野球を楽しむお子さんと親御さんへ「野球コラム たけさんの野球便」

木製バットのインパクトの瞬間をハイスピードカメラで撮影!芯で打った場合・芯の内側・外側で打った場合のバットの動きの注目。

「フォーカスゾーン打撃理論」広澤克実/野球がうまくなりたい!と願う小学生、中学生と、その保護者に贈る、抜群にわかりやすいバッティング理論の決定版DVD!

カタログダウンロード

記念品作例集

クラブ・スパイクの修理なら 修理工房

【ミニバットエコサイクル】限りある木製バットを次世代のベースボールプレーヤーに残す為の活動です。

【竹バットが選ばれる理由】竹バットでバットコントロールの習得!

【バットサイズの選び方】身長・体重別バット一覧表

【大学野球】バットに関する規定

【社会人野球】バットに関する規定

【YouTube動画配信】商品紹介やバッティング講座の動画配信中!

【ウェブマガジン】野球が上手くなる!深くなる!商品情報・お客様の声キャンプ情報などの情報満載!

【スタッフブログ】毎日更新中!

お役立ち情報

アオダモ資源育成の会

財団法人日本野球連盟

全日本軟式野球連盟

全日本大学野球連盟

日本高校野球連盟

宮崎スポーツ振興会

ベースボールドットコム

ホーム > 会社概要

ニュースリリース

ニュースリリース

  • 2017.03  JB少年用グラブ発売開始
  • 2017.03  新生JBバット(北米産メイプル)10モデル/2サイズ発売開始
  • 2016.12  新生JBグラブ&ミット8モデル/2カラー発売開始
  • 2016.07  ボールパークドットコム移転リニューアルオープン
  • 2015.09  試合用、練習用、マシン用JBボール発売開始
  • 2014.12  「フォーカスゾーン打撃理論DVD」発売開始
  • 2013.06  少年用竹バット12サイズ発売開始
  • 2011.02  ミニバット募金スタート(アオダモ資源育成の会募金)

  • 経営理念

    経営理念

    会社概要

    店名 ボールパークドットコム
    会社名 有限会社ボールパークドットコム
    代表 山内 康信
    資本金 1300万円
    住所 〒880-0841
    宮崎県宮崎市吉村町下藪甲4353-5
    電話番号 0985-83-3186
    FAX番号 0985-83-3187
    メールアドレス info@japan-ballpark.com
    営業時間 10:00 ~ 20:00
    取扱商品 ・野球用品(オーダーバット・ボール・グラブ・ピッチングマシン他)
    ・サインボール/サインバット販売
    ・野球記念品(卒業・卒団・他、結婚式や還暦のお祝い用として)
    ・ピッチングマシン(新品/中古)
    ・グラウンド用品(集球(防球)ネット・トンボ・レーキ)
    ・野球関連書籍
    ・スポーツ用品の製造販売
    ・医療用機器の販売
    ・スポーツに関する興行
    ・イベントの企画
    ・中古スポーツ用品の販売
    ・公共施設及び公共運動施設の運営
    ・管理受託業務
    ・スポーツ講習会及び教室等の開催事業
    ・スポーツ興行を担う指導者の育成事業
    納品実績 納品実績は こちら

    野球用品製作

    野球は、「道具」を使うスポーツです。そしてみなさまもご承知の通り、野球の道具には、個性があり使う人それぞれに大きさ、色、形もさまざまです。私どもボールパークドットコムは、個々の選手の体格やプレースタイルに合った道具の製造に関わり、プレーヤーの技術の向上に役立つことを経営理念として取り組んでおります。

    技術の向上に役立つ道具選びのはじめの一歩は、ポジションはもとより、自分が目指すプレースタイルを確立させ、そのスタイルに合った道具を選ぶことだと思います。そして、使い方を工夫し、自らが手を加えていくことで「自分に合った道具」 が創出されていくものだと思 います。

    そして、「自分に合った道具」で、ファインプレーやチームの勝利に貢献し称賛を浴びたときに、「道具との信頼関係」、「道具への愛着」 が生まれてくるものだと思います。ゆえに、トッププレーヤーと呼ばれる選手達ほど道具に愛着を持ち、時には、大切にするあまり自分の道具を他人に触らせない選手もいるくらいです。

    野球が道具を使うスポーツであるゆえに、自分で創出し、愛着のある「自分に合った道具」 が、まさに身体の一部となり、力を発揮する瞬間こそが、野球技術が向上する瞬間だと思っております。

    ボールパークドットコムは、野球技術を向上させたいと思っているお客様の「自分に合った道具の創出」のお手伝いをさせていただきたいと思っております。

    ボールパークドットコム代表取締役  山内康信

    Bボールパークドットコム

    このページのトップへ