少年野球|少年用竹バット推進プロジェクトって?~竹バットを使用する効果~

バットの選び方 少年用竹バット 少年用竹バット推進プロジェクト 少年野球 野球, 基礎, 知識

少年用バットには竹バットが最適

少年用竹バット推進プロジェクト・ボールパークドットコム

竹バットってどんなバットなのか。
竹バットがどうしてバッティングのトレーニングに最適なのか。

現在、全国的に広まりつつある「少年用竹バット推進プロジェクト」。
少年期の野球の基礎作りに必要不可欠だと言われている「竹バット」について、まずは詳しくご説明したいと思います。

<竹バットの製造工程>

竹バットは、定期サイズの竹板を貼り合わせて角材を作り、その角材をバットの形状に削ってつくられたもので、合竹バットとも呼ばれます。
製造工程をご紹介いたします。

竹バット製造工程・ボールパークドットコム
※裁断した竹材を1本1本重さを測り、5つほどに重さを分類します。同じ竹材でも微妙に重さは違います。

竹バット製造工程・糊付け・ボールパークドットコム
※接着剤で竹を貼り合わせます。

竹バット製造工程・貼り合わせ・ボールパークドットコム
※これだけ貼り合わせ、しっかり固めます。

竹バット製造工程・角材・ボールパークドットコム
※角材の形にカットし、圧着・乾燥させます。

竹バット製造工程・バット形成・ボールパークドットコム
※乾燥したらバットの形に形成。だんだんバットになってきました。

<竹バットの特徴>

こうして製造された竹バット。ここでは竹バットの特徴をご説明いたします。

●ヘッドに重心があるため、同じ重さの金属バットよりも若干重みを感じる。
●ヘッドが重い分、バットの芯でボールを捕らえない限り、ヘッドが振り抜きづらい。
(⇒ 芯に当たらないとボールが飛ばない!)
●ミートスポットが、金属バットよりもかなり狭い。
ミートスポットの違い
●トスバッティングでも、ボールをバットの芯で捕らえているか外しているか確認できる。
(⇒ 芯で捕らえていれば、バットは振動しない!)
(⇒ 芯で捕らえないと、バットは振動して手元に伝わる!)
●スピードボールを打った際に、詰まったり、バットの先端に当たったりすると、手に強い振動が伝わる。
●インパクトの瞬間が、金属バットよりもが長く感じる。
(⇒ バットにボールが乗った感覚がある)
●他の木製バットと比べると丈夫で折れにくい。
●消音性に優れ、日夜の練習が可能。

<竹バットトレーニングの効果>

竹バットの特徴をまとめると、竹バットを使ったトレーニングの効果とは

★ボールをバットの芯で捕らえることが出来るようになる!
★正しいフォームを身に付けることができる!
★バットのヘッド(重さ)を利用して、ヘッドが振り抜けるようになる!
★バットのヘッド(重さ)を利用して、早いスイングスピードを身に付けることが出来る!

竹バットは、まさにバッティングの基礎作りに最適なバットと言えるでしょう。

<竹バットで練習を始める>

身体の小さい幼少期の時期から、竹バットを使うことで、野球を始めた大切な時期(=感覚を身体で覚える時期)に、その使用感覚を体感することができます。
使用感覚の体感とは、金属バットよりヘッドが重く感じることや、バットの先端や根元でボールを打ってしまうと、バットを握る手に振動が伝わりシビれるといった木製バット全般の特性や、強い打球を打ったり、ボールを遠くに飛ばすには、打ち方にコツがあるんだと分かりやすく体感することです。

現在、多くの野球指導者の方々が、竹バットの特徴を重視し、竹バットを使用した指導を実践されています。
有名プロ野球選手(長島茂雄さん、清原和博さん)たちも、子供のころから竹バットを使ったトレーニングを続けていたそうです。そして甲子園常連校も、トレーニングや練習で竹バットを積極的に取り入れています。

<自分の体型に合ったバットを選ぶ>

幼少期から竹バットで練習することは、バッティングのスキルアップに大変効果的ですが、自分の体型(身長・体重)に合った竹バットを選ぶことが大変重要です。
自分の身体に合わないバットで練習しても、正しいバッティングフォームや、スイングが身に付かず、またケガの元にも成りかねません。

子供は順応性があり、経験した事や繰り返しやった事がすぐに身に付きます。それは逆に言えば、悪い癖も簡単に身に付けてしまうということです。
子供のうちから、自分の身体に合う正しいサイズの竹バットを使い、きちんとしたスイングを身に付けておけば、レベルが進んでも戸惑うことはありません。

少年用竹バット12種類のサイズ

私たちボールパークドットコムは、創業以来、少年用竹バットの製造を手掛けて参りました。野球に携わってきた人間たちの知恵と経験から進化を遂げた「少年用竹バット」は、現在12種類のサイズをラインナップ!子供の成長に合わせたサイズをお選び頂けるようになりました。

もちろん、子供だけではなく、中学生・高校生・大学生・社会人に至るまで、使用できる木製バットを取り揃えております

少年用竹バット12シリーズ・ボールパークドットコム

<ボールパークドットコムの竹バットの特徴>

ボールパークドットコムの竹バットの特徴は、
●自分の体型に合うバットを選べる。
●炭化加工(特許)を施した竹材を採用。
無駄な重さを軽減し軽量化に成功。強さと同時に軽さを実現。
●金属バットのような細見のグリップを採用【リアルグリップ】。
練習での竹バットのグリップ感覚がそのまま違和感なく、金属バットでも活かせる。

<バットの選び方>

身体に合った竹バットの簡単な計測方法をご紹介します!
バット計測方法・ボールパークドットコム

サイズ表です!
バットサイズ表・ボールパークドットコム
※ボールパークドットコムのオリジナルサイズ表です。
※個人の体力・技術・使途により、適したサイズは変わります。
※あくまでも目安としてご理解ください。

<竹バットの使用上の注意>

●石を打ったり、地面を叩いたり、タイヤを叩くような練習はしないでください。
●ボールを打つ時は、マーク面を上か下にして打ってください。
●バットも打ち方次第で折れることがあります。(バットは消耗品です)
●バットが濡れた時は、水分を拭き取ってください。
●バットを使用する前には、折れ・割れ・はがれ等の異常が無いことを確かめてください。
●バットを保管する時は、湿気の多いところは避けてください。
●万が一バットが破損した時には、折れ口には触れないでください。
●少年用の竹バットを、大人は使用しないでください。

<広澤克実さんからの一言アドバイス>

全国に講演会で飛び回る一方で、野球教室の開催も積極的に行っている広澤克実さん。
ヤクルト、巨人、阪神で大活躍された大スラッガー。野球を知っている人なら誰でも知っている元プロ野球選手です。

先日、宮崎市において、広澤克実さんが指導するバッティング教室が開催されました。少年野球チームに所属する6年生以下の子供たちが大勢参加してくれました。
その教室で使われたのが、「竹バット」でした。

広澤克実さんは、少年用竹バット推進プロジェクトを推奨。野球少年の育成に尽力されています。
そんな広澤さんから、一言アドバイスを頂きました。

子供にバッティング技術が身に付く時期は、野球が楽しくなって、「もっと上手くなりたい!」と自発的に練習し始める頃です。その時に、その子供の体型に合った長さ・重さの竹バットでトレーニングすることは、将来の野球人生において大いに役立つことだと思います。バッティングは、ボールをバットの芯でとらえ、スイングスピードを速くして強い打球を打つことが基本ですから、ヘッドに重心のある竹バットは、その基礎を作るトレーニングに適しています。また、成長段階の子供の、その小さい身体に、長くて重いバットを持たせては、バットコントロールがうまくできるわけがありません。子供の体型や成長に合わせたバットを選ぶことがポイントの一つと言えますね。子供のころから、少しハードルを上げ、竹バットでトレーニングすることは、いずれ直面するであろう(大学・社会人・プロでの)木製バットの使い方のコツを先取りする意味でもお勧めです!」

いかがでしたか?
竹バットの特徴や、その効果。
知れば知るほど、竹バットが欲しくなってきませんか?

そんな方は、ぜひボールパークドットコムのウェブサイトをご覧くださいね!お待ちしております!

<ボールパークドットコム・少年用竹バット推進プロジェクトのサイト>
http://www.japan-ballpark.com/user_data/banboo-project.php


(END) Thanks for reading!

BFJロゴマーク入りバット・販売... JR九州・鍛冶屋投手!ドラフト...

ページトップ