少年野球|少年用竹バットで練習を始めよう!~竹バットを勧める理由とは?②

トレーニング方法 バッティングの基礎 バットの選び方 少年用竹バット 少年用竹バット推進プロジェクト 少年野球 竹バット 豆知識 野球, オリジナルバット,硬式用, 軟式用, 木製バット, 金属バット 野球, 基礎, 知識

金属バットよりも重く感じる?!

金属バットだけで練習をした選手が、同じ重さの竹バットを持つと必ず感じることがあります。
それは、重さが違うのでは?という感覚です。

なぜそう感じるのか?

それは、「竹バットは重心がヘッド部分にあるため」です。

ヘッドの重いバットを振り抜くには、上手に手首を返す必要があります。
金属バットは大変バランス良くできたバットなので、手首を正しく返さなくてもバットに当たればボールは飛ぶという感じですが、竹バットではそうはいきません。

前回ご説明したように、竹バット(木製バット全般)の芯は小さく、その小さい芯にしっかり当てないとボールは飛んでくれません。
まして、ヘッドの重いバットを振って、芯に当てて、バットを振り抜く事は、正しいバッティングフォームを身につけなければ出来ない事です。

金属バットを振り回しているだけでは、パワーだけでボールを打っているだけでは、到達できない【レベル】があります。
でも、この【レベル】は、正しいバッティング練習を積んだ選手ならだれでも到達できる【レベル】です。

竹バットの特長を知り、特長を生かした練習を積み重ねることで、確実にバッティング技術の向上を図ることができるのです。

竹バットってこんな感じ!

ここで、竹バットの特長を簡単にご紹介いたします。

◆金属バットと同じ重量でも竹バットの方が若干重く感じる。(⇒ヘッドが重いため)
◆ヘッドが重い分、バットの芯に当たらないとヘッドが振り抜きづらい。
◆インパクトの瞬間が金属バットよりも長く感じる。
 ⇒ いわゆる、「乗せる」「押し込む」という感覚が竹バットの特長!
◆インパクトの瞬間から振り抜くのに技術を要する。
 ⇒ インパクト後にヘッドを前方に振り抜く意識が必要。
◆トスバッティングでも、バットの芯を外しているかどうか分かる。(⇒手元がしびれるから)
◆消音性にすぐれているので、夜間の練習も安心!

など。

ちょっと竹バットに興味が湧いてきませんか?!

次回は、竹バットの選び方や練習方法についてご紹介いたします!

⇒少年用竹バットの詳しい情報は、ボールパークドットコムのHPでごらんください。

<少年用竹バット推進プロジェクト>
http://www.japan-ballpark.com/user_data/banboo-project.php
少年用竹バット推進プロジェクト


(END) Thanks for reading!

少年野球|少年用竹バットで練... 少年野球|少年用竹バットで練...

ページトップ