少年野球|少年用竹バットで練習を始めよう!~竹バットを勧める理由とは?③

トレーニング方法 バッティングの基礎 バットの選び方 少年用竹バット 少年用竹バット推進プロジェクト 少年野球 竹バット 豆知識 野球, オリジナルバット,硬式用, 軟式用, 木製バット, 金属バット 野球, 基礎, 知識

強い打球を打つには?

強い打球を打つためには、手首を使って(手首を返して)バットを素早く振り抜くことが必要です。
小指をバットのグリップエンドに掛けて構える選手を見かけますが、それは手首を早く返すためでしょう。

金属バットはバランス良く作られているバットなので、実は手首をしっかり返さなくてもボールが打てたりします。
しかしそれでは、本当のバッティング技術の向上に繋がりません。

「バットの芯でボールを捉えたら、手首を素早く返して強い打球を打つ。」

この基本的なことが実はとても難しい作業なんです。

私たちが竹バットトレーニングを進めるのは、この基本的な動作を体に浸み込ませるのに一番適したトレーニングだからです。

ヘッドに重心があり、芯に当たらなければ手元がビーンと痺れ、しっかり手首を返さなければボールは前に飛んで行かない。
竹バットのこの特長がバッティング技術の向上をもたらします!

少年用竹バットイメージ画像

いつ頃から竹バットトレーニングを始めれば良いのか?

「息子が小学1年生ですが、竹バットトレーニングには早すぎますか?」
「竹バットトレーニングは、中学生からでも良いのでは?」

そんな質問がボールパークドットコムに寄せられることがあります。

竹バットトレーニングは、早ければ早い方が良いと言われています。

子供は非常に順応性があります。経験した事、繰り返しやった事がすぐに身につきます。また体が一度覚えてしまうと、しばらくブランクがあってもすぐに体が思い出します。
これは逆に考えると、「いったん付いた悪い癖はなかなか取れない」とも言えますよね。

金属バットのスイングに慣れてしまった選手は、その癖から抜け出すのに非常に長い時間を要します。鳴り物入りでプロへ入団した強打の高校生が、その後期待どおりの活躍できない場合がありますが、その理由の1つが金属バットの打ち方から抜けだせないためではないかということ。

何でも始めるのは早いに越したことはないということですね!

⇒少年用竹バットについての詳しい情報は、下記URLからチェックしてください!

<少年用竹バット推進プロジェクト>
http://www.japan-ballpark.com/user_data/banboo-project.php


(END) Thanks for reading!

少年野球|少年用竹バットで練... 少年野球|少年用竹バットで練...

ページトップ