木製バット, メイプルバット,|新生JBメイプルバットは、北米産メイプルバット!10モデルを販売⑦

JBオリジナルブランド イチオシ&新製品 トレーニングバット トレーニング方法 バッティングの基礎 バットの選び方 メイプルバット 少年野球 野球 野球, インフォメーション 野球, オリジナルバット,硬式用, 軟式用, 木製バット, 金属バット 野球, 基礎, 知識

あなたはメイプルバットを使ったことがありますか?

木製バットといっても色々あります。

プロ野球の選手が使用しているバットは、主に「アオダモ」や「ホワイトアッシュ」そして「メイプル」がバット材として使用されています。

このウェブマガジンでも何度かご紹介しましたが、最近では、各バット材の中でも「メイプルバット」が人気を集めるようになりました。

高校野球で「金属バット」を使用している影響もあり、その後大学野球や社会人野球、そしてプロ野球に進んだばかりの選手の中には、「金属バット」の打感が体から抜けていないため、「カーン」と弾くような打感を求めて、とにかく「硬いバット」を求める選手が少なくありません。

「硬いバット」は、気候的に大変乾燥し、寒い地域で生育した材で作られています。その代表格が「ホワイトアッシュ」です。主に北米から輸入されています。

確かに、硬いのでよく弾きますし、打感が「ガツン」と来ます。しかし、日本のような湿度の高い国で、なおかつ海外の選手のような体格ではない場合、バットのしなりを利用する技法が効果的だと言われていますので、しならないホワイトアッシュでは不利だと思われます。また耐久性が他のバット材よりも劣ると言われています。

ある程度の硬さがあり、しなりもあるバット材で、手に入れやすいものは、メイプルバットです。(アオダモは成長が遅く、数も激減していますので手に入りにくく高価です)

メイプルも、その生育する地域でずいぶんと硬さが違ってくると言われていますが、北米産やカナダ産のメイプルは、バット材として一流だと定評があります。

今回、ボールパークが新しく販売を開始したのは「北米産メイプルバット」です。

すでに販売中の「カナダ産メイプルバット」と並んで、ボールパークの新たな柱になってくれそうです!

2017%e5%8c%97%e7%b1%b3%e7%94%a3%e3%83%a1%e3%82%a4%e3%83%97%e3%83%ab%e3%83%90%e3%83%83%e3%83%88%e3%83%90%e3%83%8a%e3%83%bc

全10モデル×2サイズで展開しております。

それでは今回ご紹介するバットはコチラです!

メイプルバット/BPM007

<商品説明>

・材質/北米産メイプル
・長さ&重さ/
  84cm/880g平均
  85cm/900g平均
・カラー/
  84cm/ブラウン×ブラック
  85cm/オレンジ

2017bpm007-84%e2%91%a0

2017bpm007-85%e2%91%a0
・マーク/
  84cm/シルバー
  85cm/ブラック
・バランス/ヘッドバランス
・グリップ形状/直径50mm/007グリップ
・握りの太さ/直径24mm

grip007
・ヘッドカット/ノーマル

2017bpm009-85%e2%91%a1

2017bpm007-85%e2%91%a1

メリハリの利いたボディーと、ヘッドバランスが特徴。

グリップエンドは、直径は50㎜のフレアタイプ。

バットコントロール抜群の設計で、メリハリの利いたボディーのうえ、若干丸みを帯びたヘッドカットを採用しているため振り抜きも抜群。

インパクト後の振りぬきやすさを追及したスタンダードモデル。

フレアグリップを好むオールラウンドヒッターにおすすめモデル。

この商品の詳しい情報は、コチラから!⇒【84cmタイプ】【85cmタイプ】


(END) Thanks for reading!

木製バット, メイプルバット,|... 木製バット, メイプルバット,|...

ページトップ