少年野球, バッティング上達への道~迷わず取り組もう!竹バットトレーニング⑤

JBオリジナルブランド トレーニングバット トレーニング方法 バッティングの基礎 バットの選び方 名入れ刻印 少年用竹バット 少年用竹バット推進プロジェクト 少年野球 竹バット 豆知識 野球 野球, インフォメーション 野球, オリジナルバット,硬式用, 軟式用, 木製バット, 金属バット 野球, 基礎, 知識

インコースとアウトコースの打ち方の違いを確認!

みなさん、前回までのお話、覚えていますか?

「3つのエンジン」

「体重移動」と「回転軸」

これらが密接に関係しているというお話でしたね!

今回は、インコースとアウトコースのボールの打ち方をご紹介いたします。

広澤さんが三度の登場です!

さて、アウトコースとインコースのボールのどちらかが苦手だという選手は結構多いと思います。

実はインコースの球とアウトコースの球を打つのに、同じバッティングフォームでは打てないんです。

<インコース>

インコースの球を打つ時には、3つのエンジン全てを使います
3つのエンジンのおかげでバットスピードが上がり強い打球を打つことができます。

※左肩の位置に注目。肩が完全に回転した状態での位置です。
指導⑥内角打ちWP編集済

<アウトコース>

第1のエンジン【腰】が起動した後、【肩】と【腕】の起動に時間差が余りありません。

すなわち、第2と第3のエンジンが同時に動きます。
それぞれのエンジンを十分に使わないので、その分バットスピードが落ちインコースの打球ほどは飛びません。

※肩と腕が同時に動く。左肩が開いていない状態
指導⑦外角打ちWP編集済み

インコースとアウトコースのバッティングの一番の違いは、

「肩のエンジンを単独で使うか使わないか」

この部分に注意しながらバッティング練習を行ってみてください。違いが良く分かると思います。

いかがでしたか~?

いよいよ回も大詰めです。次の最終回では、「ドアースイングの原因」「手首の使い方」などをご紹介いたします!

⇒少年用竹バットの詳しい情報はコチラから!


(END) Thanks for reading!

少年野球, バッティング上達へ... 少年野球, バッティング上達へ...

ページトップ