トレーニングバット|軽量バットと重量バットを比較!トレーニングバットの選び方②

JBオリジナルブランド トレーニングバット トレーニング方法 バッティングの基礎 バットの選び方 ラミーバット 少年用竹バット 少年用竹バット推進プロジェクト 少年野球 竹バット 豆知識 野球 野球, インフォメーション 野球, オリジナルバット,硬式用, 軟式用, 木製バット, 金属バット 野球, 基礎, 知識

トレーニングバットを重さで比較してみました!

前回から引き続き、ボールパークドットコムが販売するトレーニングバットを、その特徴別にご紹介したいと思います。

今回は「重さ」に焦点を当ててみました!

<重量竹バット>

※赤:1100g 黒:1200g

以前は、重いバットで素振りを続けることでスイングスピードが上がると言われていましたが、現在ではスイングスピードのアップには重量バットは合わないというのが定説です。
しかし、実は重量バットはスイングスピードを上げるために、【間接的】な効果を発揮しています。

重量バットの一番の効果。それは「持久力」(スタミナ)が付くということ!
言い換えると、「持久力を上げるための筋肉が付く」ということです。

持久力を上げるための筋肉は、【遅筋】と呼ばれていますが、マラソン選手に多く付いている筋肉です。
【遅筋】なので、その名前の通り、瞬発力に必要な【速さ】を付ける筋肉ではありません。スタミナを持続させるための筋肉なのです。

本来、スピードを上げるためには「体に速いスピード」を体感させ、神経伝達速度を上げていくことが一番効果的なので、重量バットを振っていてはスピードを上げていくことは出来ないのです。

でも、ここからが大事なポイント!
速いスイングを保ち続けるには、そのスピードを維持するためのスタミナ=持久力が必要。
要するに、長い時間速いスピードでバットを振るスタミナを身に付けるために、重量バットでのトレーニングが大事になってくるって訳です!

スポーツ全般に言えることですが、何かしらの目的を達成するには、直接的な効果を発揮するトレーニングをバックアップするための「間接的なトレーニング」が大事なんですね!

<軽量竹バット>

スイングスピードをアップさせるには、重いバットではなく「軽量バット」を使ったトレーニングが非常に効果的です。

これは、スポーツ科学の分野でも実際に証明された、「筋肉の性質」が関係しています。

筋肉には、【速さ】を覚えこませることができるんです。
この「筋肉の性質」を利用して速さを覚えこませるには、軽いバットを使って速いスイングを練習するのが一番!

要するに、普段行っている「素振り」でのトレーニングが大変重要になってきます。
素振りで使うバットを軽いバットにし、全力で素振りを繰り返します。

この素振りの時に、バットが軽いからと言って、軽くスイングしていてはダメ!です。
【全力スイング】を実行してください!

ボールパークドットコムが販売している「90㎝トレーニング竹バット」の中で、特に素振りに適した重さが以下の3本!

※上から重さが、550g、650g、750g

スポーツ科学でも実証済み!スイングスピードを上げるには、軽いバットで全力スイング!

⇒重量竹バットの詳しい情報はコチラから!

⇒軽量竹バットの詳しい情報はコチラから!


(END) Thanks for reading!

トレーニングバット|短尺バッ... 硬式野球, 練習球|耐久性、経...

ページトップ