木製バット|ボールパークドットコムのオーダーバットとは①

JBオリジナルブランド JBカスタムオーダーバット:北米産メイプル・バーチ・アッシュ JBカスタムオーダーバット:竹&ラミー JB完全別注フルオーダーバット トレーニング方法 バッティングの基礎 バットの選び方 メイプルバット 名入れ刻印 少年野球 豆知識 野球 野球, インフォメーション 野球, オリジナルバット,硬式用, 軟式用, 木製バット, 金属バット 野球, 基礎, 知識

オーダーバットシステムは大きく分けて2種類!

ボールパークドットコムのオーダーバットは、「完全別注オーダーバット(フルオーダーバット)」と、「JBカスタムオーダーバット」の2種類があります。

それぞれ特長がありますので、2回に分けてご紹介いたします。

まずは「完全別注オーダーバット(フルオーダーバット)」から!

完全別注オーダーバット(フルオーダーバット)

※フルオーダーバットとは?

バットの材質・長さ・重さ・バランス・グリップエンド・グリップサイズ・色・生地出しなど、細かくオーダーできるバットのこと。

<特長>

その1.選び抜かれたバット材

完全別注フルオーダーバットで選択適用されるバット材は、厳選された2種類のみ。

バット材の王様と言われる「青タモ」と、最高品質の「北米産メイプル」です。

「青タモ」(別名:トネリコ)は、日本では最高級品質のバット材です。適度に硬いので弾きが良く、かつ、適度に粘性もあるため「しなり」があります。そして折れにくく軽い。この材の特徴は、日本の湿気の多い気候に大変マッチしているため、多くのプロ野球選手が「青タモ」のバットを使用しています。

青タモの中でも北海道の東側・太平洋側で育った「青タモ」がバットの王様と言われます。この地域は冬には大変な寒さとなりますが、意外に雪が少なく乾燥しています。この気候が「バットの王様・青タモ」を生み出しました。

日本の他の地域にも「青タモ」は育っていますが、北海道のものより柔らかい特徴があります。しなりが良く、粘性に優れているのは同じです。「青タモバット」でも、その材の育った場所によりかなり打感が違ってきますが、日本国内で使用するバット材として「最高級品質」であることに間違いありません。

話は逸れますが、実はメジャーリーグで主に使用されているのは「ホワイトアッシュ」(別名:アメリカトネリコ)です。タモの一種ですが、その乾燥した地域で育った材の影響で、日本の青タモよりはかなり硬いバットです。元メジャーリーガーの松井選手は、当初使用していた青タモからホワイトアッシュにバットを変えました。北米の乾燥した気候では「バットのしなり」は期待できません。よって「しなり」がなく硬いホワイトアッシュを使うことで、「ガツン」とした打感でボールが飛んでいくようになったそうです。

「メイプル」は、日本ではカエデとして知られています。もみじの木のことです。
ホワイト・アッシュと青タモの中間に位置する材と言われ、特に「北米産メイプル」は「ホワイト・アッシュよりも、しなる」「青タモよりも打感が硬くて弾く」と言われています。
軽くて折れにくい性質なので、耐久性に優れ、打球面もあまり凹みません。
ホワイトアッシュ大国のメジャーリーグでも、バリーボンズがメイプルバットでホームランを量産したのを機に、メイプルバットの人気が一気に上昇。実は、松井選手は後に、ホワイト・アッシュから「メイプル」に切り替えています。今では多くのメジャーリーガーがメイプルバットを手にしています。

その2.現在使用しているバットと同じ型で作れる

長い間愛用しているバットと全く同じ型で、材質を変えて注文したい!

そんなご要望にお応えするのも、完全別注フルオーダーバットの特長の1つです。

使用中のバットをサンプルバットとしてお送り頂ければ、そのバットをトレースして同じ型のバットを製作いたします。

その3.グリップ形状や本体カラーも豊富

フルオーダーシステムの中で、用意されているグリップ形状は全部で20種類

本体カラーも6種類あって、他に「ツヤ消し」「焼き加工」などの選択も可能。

グリップ裏面の刻印も無料で行います!(文字数・行数制限有)

いかがでしたか?最高品質のバット材を使って、自分だけのバットを作ってみませんか?

⇒完全別注オーダーバット(フルオーダーバット)の詳細はコチラから!


(END) Thanks for reading!

木製バット|ボールパークドッ... 木製バット|ボールパークドッ...

ページトップ