木製バット|ボールパークドットコムのオーダーバットとは②

JBオリジナルブランド JBカスタムオーダーバット:北米産メイプル・バーチ・アッシュ JBカスタムオーダーバット:竹&ラミー トレーニング方法 バッティングの基礎 バットの選び方 メイプルバット 少年野球 豆知識 野球 野球, インフォメーション 野球, オリジナルバット,硬式用, 軟式用, 木製バット, 金属バット 野球, 基礎, 知識

オーダーバット初心者ならJBカスタムオーダーバット!

前回ご紹介した「完全別注オーダーバット(フルオーダーバット)」は、オーダーバットを作り慣れている人なら、スーッと入っていけるシステムだと思います。

しかし、初めてバットをオーダーする場合だと、バットの長さや重さ、グリップエンドの形やその太さ、などバットの要素をすべて指定することは簡単ではありません。

そこでボールパークドットコムが考案したのが、「JBカスタムオーダーバット」というシステム!このオーダーシステムは、20種類のバットの【※基本モデル】を基にバットを製作するシステムです。

※基本モデルとは、基本となるバットの形状のことです。

この【基本モデル】の中から、お好きなモデル(形状)を選択し、さらに各モデルで、「長さを1cm長くしたい」、「重さを10g重くしたい」などのサイズ変更が出来るようになっています。

まずはバット材を選ぼう!

バット材は3つ!【北米産メイプル】【バーチ】【アッシュ】です。

【北米産メイプル】は、メジャーリーグでも目下大人気のバット材です。硬さは青タモとアッシュの中間くらいで、湿度の高い国でも、乾燥した気候の国でも適合するバット材と言えるでしょう。

 

【アッシュ】は、大変硬く、ガツンとした打感が特徴です。超硬いバットが好きな選手は好んでアッシュを使用します。

 

【バーチ】は日本ではあまり聞いたことがないバット材ですよね。バーチは樺(かば)材です。実はこのバーチ。大変バット材として優れています。

均等で緻密な木肌を持つので、材質は硬くて反りなどの狂いが少なく、水にも強いし粘りや強度も申し分なし!バーチ材で作られたアメリカ製のバットを友人が絶賛していました。

ボールパークドットコムは、日本国内でバーチ材でバットを製作する数少ない会社の1つなのです!

JB基本20モデルの中から好きなモデルを選ぶ

バット材を選んだら、次はいよいよ20基本モデルの中から、自分の好みのモデルを選びます。

ウェブサイトではそれぞれのモデルの特徴が詳しく説明されていますので、じっくり読んで選びましょう。

ここではJB基本20モデルの一覧をご覧ください。

※上から001モデル~020モデル

これら20モデルは、長さ84㎝・重さ870gを標準としていますので、もし自分に合う長さや重さが標準と違う場合は、それぞれ以下の範囲で変更することができます。

長さ:82cm~86cmの間
重さ:860g~930gの間

また、ヘッドカットは、基本モデルと同じか、「くり抜き」を選ぶことができます。ただし016モデルおよび017モデルは、基本のヘッドカットは「くり抜き」になっております。

あとは、本体カラーやマークカラーを選んだり、マークの場所を指定したり、グリップ裏に刻印をするかどうかを決めます。

順番に決めていけば、それほど悩まず好みのバットをオーダーできるようになっています。また、普段使っているバットをトレースして同じバットを作ることもできます。

初めてのオーダーバットはハードルが高いと感じる選手が多いですが、あれこれ悩まずお気軽にお問い合わせください。スタッフが丁寧にご説明いたします!

⇒JBカスタムオーダーバットのご注文はコチラから!


(END) Thanks for reading!

木製バット|ボールパークドッ... 少年野球|何から始める?~段...

ページトップ