少年野球|少年野球|段階的にバッティングのスキルを上げて行こう!③

JBオリジナルブランド イチオシ&新製品 トレーニングバット トレーニング方法 バッティングの基礎 バットの選び方 名入れ刻印 少年用竹バット 少年用竹バット推進プロジェクト 少年野球 竹バット 豆知識 野球 野球, インフォメーション 野球, オリジナルバット,硬式用, 軟式用, 木製バット, 金属バット 野球, 基礎, 知識 野球教室, 野球講習会

多くの選手がドアースイングになっている

広澤克実氏のバッティング理論を通して、若い選手が抱えるバッティング上の問題の原因を解明しながら、段階的なバッティングのスキルアップをご提案しております。

前回までに、バッティングで重要となる、

・「3つのエンジン」の使い方
・体重移動と体の回転軸の使い方

の2つをご紹介させて頂きました。

今回のテーマは「ドアースイング」です。

<ドアースイングの原因>

「ドアースイング」とは、扉が閉まる時の描くラインのようなバッティングを指します。つまり、体と腕が同時に動き、右打者なら【左脇】、左打者なら【右脇】が開いた状態のバッティングです。

この動作は、キャッチャー側の足の【かかと】が早く上がってしまうことから生まれます。実は多くの若い選手がこの「ドアースイング」に陥っているんです。それは、「体を速く回転させる」という意識が強すぎることから起こります。

※ドアースイング
ドアースイング
↑右バッターなので、【左脇】が早く開き、【右足かかと】が早く上がる。

「ドアースイング」がどのように起きるかを順を追って説明すると、

(1)ドアースイングの場合、肩と腕が一緒に動く。(左脇が開く)
(2)2つのエンジン(肩と腕)が別々に動かず1つになって動いてしまう。
(3)体の捻転差が生じず、バットスピードが上がらない。
(4)この状態でバットスピードを上げるために、体を速く回転させようとする。
(5)体を速く回転させるために、キャッチャー側のかかとを早く上げてしまう。

このような「ドアースイング」が起こらないようにするには、

・3つのエンジン(腰⇒肩⇒腕)を順番に動かす
・体重移動と体の回転軸の使い方を身に付ける

この2つの事を確実に習得するように練習をすること!これしかありません。

次回は、インコースとアウトコースの打ち方をご紹介いたします。

⇒3つのエンジンが気になる方は、コチラから!

⇒体重移動と体の回転軸が気になる方は、コチラから!


(END) Thanks for reading!

少年野球|段階的にバッティン... 少年野球|段階的にバッティン...

ページトップ