少年野球|段階的にバッティングのスキルを上げて行こう!④

JBオリジナルブランド イチオシ&新製品 トレーニングバット トレーニング方法 バッティングの基礎 バットの選び方 名入れ刻印 少年用竹バット 少年用竹バット推進プロジェクト 少年野球 竹バット 豆知識 野球 野球, インフォメーション 野球, オリジナルバット,硬式用, 軟式用, 木製バット, 金属バット 野球, 基礎, 知識 野球教室, 野球講習会

備忘記録!3つのエンジンと体重移動・体の回転軸

広澤克実氏のバッティング理論を基に、段階的なバッティングスキルの向上を目指す!

今回は、「インコースとアウトコースの打ち方」について、広澤氏の理論をご紹介いたします。

その前に、忘れてはならないのが、基本中の基本。それは、

・3つのエンジン(腰⇒肩⇒腕)を順番に動かす
・体重移動と体の回転軸を意識する

この2つが基礎となって、インコースもアウトコースも打てるようになります!

インコースとアウトコースでは打ち方が違う

全てのコースのボールをまんべんなく打てるという選手は、なかなかいません。

大体は、インコースが得意な選手とアウトコースが得意な選手とに分けられると思います。

実は、インコースのボールを打つ時とアウトコースのボールを打つ時のフォームが同じでは、そのどちらかしか打てません。

ここで、基礎である「3つのエンジン」と「体の回転」が関係してきます。

<インコースの打ち方>

インコースのボールを打つ時には、「3つのエンジン」を全て使います。

順番に起動し動かすことで、バットスピードが上がり、強い打球を打つことができます。特に注意したいのが、「肩の回転」です。肩が完全に回転し切ることがポイント。

※左肩の位置に注目。肩が完全に回転した状態での位置です。
指導⑥内角打ちWP編集済

<アウトコースの打ち方>

アウトコースを打つ時には、3つのエンジンの使い方が変わってきます。

まずは1つ目のエンジン「腰」が起動しますが、この後、2つ目のエンジン「肩」と3つ目のエンジン「腕」が、ほぼ時間差無く起動します。すなわち、「肩」は開かず、腕と同時に動きます。

※肩と腕が同時に動く。左肩が開いていない状態
指導⑦外角打ちWP編集済み

それぞれのエンジンを十分に使わないので、その分バットスピードが落ち、インコースの打球ほどは飛びません。

ポイントをまとめると、

★インコースのボール:肩を単独で使う。
★アウトコースのボール:肩を腕と一緒に使う。

でした。

どちらかのコースが苦手だという方、ぜひ試してみてください。

次回は、広澤克実氏の提言「若い選手たちがやるべき練習」をご紹介いたします。

⇒広澤克実氏最新のバッティング理論「フォーカスゾーン打撃理論」はコチラから!


(END) Thanks for reading!

少年野球|少年野球|段階的に... 少年野球|段階的にバッティン...

ページトップ