少年野球, 竹バット|バットコントロールを良くするトレーニング方法

JBオリジナルブランド トレーニングバット トレーニング方法 バッティングの基礎 バットの選び方 少年用竹バット 少年用竹バット推進プロジェクト 少年野球 竹バット 豆知識 野球 野球, インフォメーション 野球, オリジナルバット,硬式用, 軟式用, 木製バット, 金属バット 野球, 基礎, 知識

正面打ちティーバッティング

バットコントロールを良くするための、ひじ・手首の基本動作の練習方法をご紹介いたします。

<ポイント>

・身体の正面からトスを上げ、みぞおちの前で打つ。
・バットの芯でとらえることを意識し、慣れてきたら腰をツイストさせヘッドスピードを上げる

<トレーニング方法>

★スイングならびにティーバッティングを行う。

(目的)
・身体の正面からトスを上げ、みぞおちの前でボールをとらえ、センター方向へ打つ練習。
・ひじ、手首の使い方に注意し、ボールをバットの芯でとらえることを意識しながら打つ練習。

(内容)

・右ひじから入り、みぞおちの前でボールをとらえる。

・インパクト後は手首を返し大きくフォロースルーをとる。
・かかとは地面につけたまま、肩、腰、ひざも開かず固定。 腕、ひじ、手首を使いコンパクトにボールを打つ。
・慣れてきたら、インパクトの瞬間、腰をツイストさせスイングスピードを上げて打つ。

バットコントロールで悩んでいる人は、ぜひ実践してみてください。

⇒バットの芯に当てる練習に最適!「竹バット」の情報はコチラから!


(END) Thanks for reading!

少年野球, 竹バット|低いボー... 少年野球, 竹バット|インパク...

ページトップ