少年野球, 竹バット|インパクトの瞬間に「体の軸」を作ろう!

JBオリジナルブランド トレーニングバット トレーニング方法 バッティングの基礎 バットの選び方 名入れ刻印 少年用竹バット 少年用竹バット推進プロジェクト 少年野球 竹バット 豆知識 野球 野球, インフォメーション 野球, オリジナルバット,硬式用, 軟式用, 木製バット, 金属バット 野球, 基礎, 知識 野球教室, 野球講習会

バランスティーバッティング

インパクトの瞬間に上体が反り返ってしまったり、逆に上体が、前のめりに突っ込んでしまうような癖のあるバッターの矯正に向いているのが「バランスティーバッティング」です。

インパクトの瞬間の体の軸を作るのに効果的で、下半身の基礎づくりにも役立ちます。

<トレーニング方法>

★スイングならびにティーバッティング

(内容)

【反り返り矯正】

・前足のかかとでボールを踏みながらのティーバッティング (※上体が反り返るバッターの矯正)

・前足が不安定な状態なので、自然と前足のひざに壁(=開かないドア)ができインパクト時に前足が突っ張らない。

【突っ込み矯正】

・後足のかかとでボールを踏みながらのティーバッティング (※ツッコミ矯正)

・後足のひざの内側でボールをとらえる感覚でボールをとらえる。(※内転筋強化)

 

以上のように、バランス感覚と下半身の基礎づくりに有効なのが、「ボールをかかとで踏みながら」スイングをすることです。

ボールをかかとで踏んで、つま先は地面につけます。地面との接点が少なくなるので不安定な状態なります。

この状態でスイングや、ティーバッティングを行うことで、ボールを踏んでいる脚の、足首、ひざ、筋肉(※特に内転筋)の使い方を意識できバランス感覚の習得、下半身の基礎づくりのトレーニングになります。

ぜひ一度試してみてください。

⇒バッティング練習に最適な「竹バット」の情報はコチラから!


(END) Thanks for reading!

少年野球, 竹バット|バットコ... 少年野球, 竹バット|下半身の...

ページトップ