少年野球, 竹バット|下半身の土台づくりに有効なトレーニング方法

JBオリジナルブランド トレーニングバット トレーニング方法 バッティングの基礎 バットの選び方 名入れ刻印 少年用竹バット 少年用竹バット推進プロジェクト 少年野球 竹バット 豆知識 野球 野球, インフォメーション 野球, オリジナルバット,硬式用, 軟式用, 木製バット, 金属バット 野球, 基礎, 知識 野球教室, 野球講習会

「ハ」の字ティーバッティング

元プロ野球選手の広澤克実氏が、野球教室を開催するたびに提言することは「下半身の土台づくり」です。昨今の若い選手は、上半身に比べて下半身が弱い選手が多いとのこと。そこで下半身強化に役立つトレーニング方法をご紹介。それが「『ハ』の字ティーバッティング」です。

<ポイント>

肩幅の2倍くらい広いスタンスで両足を「ハ」の字にし、腰を落とした低い姿勢でのティーバッティング

<トレーニング方法>

★スイングならびにティーバッティング

(内容)

・肩幅の2倍くらいの広いスタンスをとり、足は「ハ」の字に少し開きどっしり構えます。
・腰を落とし、上体の軸を中心に決め、打ちやすいセンター方向ポイントにトスを上げてもらいます。
・振り始めからフォロースルーまで、かかとは地面に着けたまま、肩も開かないようにします。

・インパクトの瞬間に、内転筋に力を入れ、ひざを内側に絞り込み、両足が左右対称になるようにスイングします。
・下半身を意識して、繰り返し打つことで、バランス感覚とブレない土台(下半身)づくりが可能です。

下半身が弱いという自覚がある場合には、ぜひこのトレーニングを取り入れてみてください。

⇒トレーニングに欠かせない竹バットの情報はコチラから!


(END) Thanks for reading!

少年野球, 竹バット|インパク... 少年野球|トレーニング竹バッ...

ページトップ