少年野球|トレーニング竹バットを使った練習方法~ターンとインパクト

JBオリジナルブランド トレーニングバット トレーニング方法 バッティングの基礎 バットの選び方 少年用竹バット 少年用竹バット推進プロジェクト 少年野球 竹バット 豆知識 野球 野球, インフォメーション 野球, オリジナルバット,硬式用, 軟式用, 木製バット, 金属バット 野球, 基礎, 知識 野球教室, 野球講習会

前回のおさらい!自分のバッティングフォームをチェックしよう!

今回は、下の画像の例②、④、⑥に自分のフォームが当てはまる場合の、修正&トレーニング方法をご紹介いたします。



例②、④、⑥の修正には、通常よりも軽くて短いバットを使います。

まずは、「ターン」を見ていきましょう!

短尺バットを使って体のターンの仕方を覚える

通常使っているバットよりも、短くて軽いバットの方が、体のターンを確認しながらバットを振ることができます。

ポイントは、バットの振り始めから、インパクトの瞬間、そして振り抜きに至るまで、「リストのターンと体のターンが連動している」ということです。下の画像でチェックしてください。

★連動している部分を、分けてみました。

<振り始め>

<インパクト時>

<振り抜き>

※リストターンと体のターンを連動させる時の注意点

次に「インパクト」を見ていきましょう。

短尺バットを使ってインパクトのポイントを確認

リストターンとボディーターンを意識したスイングを練習する時には、インパクトの瞬間の5つのポイントも合わせてチェックしましょう!

<5つのチェックポイント>

①アウトコースのボールのポイントチェック
②真ん中のボールのポイントチェック
③インコースのボールのポイントチェック
④リストターン時の体の向きのチェック
⑤リストターンとボディーターンのが連動しているかのチェック

(良い例)
(悪い例)

⇒ターンとインパクトの確認には「短尺竹バット」が効果的!詳細はコチラから!


(END) Thanks for reading!

少年野球|トレーニング竹バッ... 第8回絆甲子園にトレーニング竹...

ページトップ