竹バット|竹バットトレーニングで芯で捉える力を身に付けよう!

JBオリジナルブランド JBカスタムオーダーバット:北米産メイプル・バーチ・アッシュ JBカスタムオーダーバット:竹&ラミー JB完全別注フルオーダーバット イチオシ&新製品 トレーニングバット トレーニング方法 バッティングの基礎 バットの選び方 マスコットバット ラミーバット 名入れ刻印 実打可能刻印オーダーバット 少年用竹バット 少年用竹バット推進プロジェクト 少年野球 竹バット 豆知識 野球 野球, インフォメーション 野球, オリジナルバット,硬式用, 軟式用, 木製バット, 金属バット 野球, 基礎, 知識

バッティングに必要な技術とは?

バッティングに必要な技術とは何でしょうか。それは、

1.ミート力:ボールをバットの芯で捉える力

2.スピード:ヘッドスピードが速く、強い打球が打てる

3.対応力:速球、変化球など様々な球種に対応できる

これらの技術を身に付けるのに最適な練習は、竹バットを使ったトレーニングです。

1.ミート力

芯を外すとしびれる・飛ばないという、竹バットの特性を意識しながらトレーニングを行うことで、バットの芯で打つ感覚やバットの芯を意識したバッティング技術を身に付ける効果が期待出来ます。

2.スピード

ヘッドバランスの竹バットでトレーニングをすることでヘッドの重みを利用した正しいスイングのフォームを自然と身に付き、スイングスピードの速度アップが可能です。

3.対応力

目的に合わせたバッティングトレーニングによるバットコントロールの上達で、速球や変化球などハイレベルな野球にも対応できるようになる技術の習得が期待できます。

竹バットがトレーニングに向いている理由

<経済性>

竹バットは他の木製バットと比べ、低価格で販売しています。
イニシャルコストも低く、また1年以上の長期使用が可能なため他の木製バットと比べコストパフォーマンスも抜群です。トレーニングの目的に合わせて複数買いする方も増えてきています。

<耐久性>

竹バットは硬くて折れにくいのが最大の特徴。
耐久性に優れているので根元や先端で打っても折れにくく、練習用バットに最適です。
正しいバットの使い方をしていれば一年以上の使用が可能です。

<消音性>

竹バットは金属バットとは異なり、消音性にも優れています。
ミートの瞬間の音もボールパークドットコムの竹バットなら気にならないため、学校内や街中でのトレーニングでも騒音に気を遣わず、思う存分バッティングトレーニングを行うことができます。

ボールパークドットコムの竹バットの特徴

<本番でのミート率が上がる”小さな芯”>

日々の野球のトレーニングをより効果的に行うには、竹バットでのバッティングトレーニングが断然効果的!
上の図解を見るとわかる通り、竹バットのスイートスポットは一般的な金属バットの約3分の1、一般的な木製バットの半分程度と言われています。
竹バット特有の小さなミートスポットと、バットの芯を外して打つとしびれる感覚があるという竹バットの特性を活かした、芯を捉える感覚を養うトレーニングには最適です。

<豊富なグリップからニーズで竹バットが選べる>

(グリップの例)

ボールパークドットコムの竹バットは、金属バットのグリップ感をリアルに再現したリアルグリップをはじめ、金属バットのトレーニングや木製バットのトレーニングなど、トレーニングの用途に合わせて豊富な種類のグリップからお選びいただけます。

<金属バットと竹バットの重心の違い>

上の図を見るとわかるように、金属バットと比べると竹バットはヘッド寄りに重心があります(ヘッドバランス)。
ヘッドバランスの竹バットを使ってバッティングトレーニングを繰り返すことで、重みを活かしたヘッドスピードの強化が期待できます。

ボールパークドットコムの竹バットラインナップ

ボールパークドットコムのトレーニング竹バットは、用途別に10種類!

それぞれ特徴があり、自分のバッティング技術に足らない部分を補うトレーニングを積むことができます。

【少年用竹バット】はコチラから

【リアルグリップ竹バット】はコチラから

【極太グリップ竹バット】はコチラから

【超極太グリップ竹バット】はコチラから

【短尺竹バット】はコチラから

【長尺竹バット】はコチラから

【重量竹バット】はコチラから

【90cmトレーニング竹バット】はコチラから

【ラミーバット】はコチラから

【マスコットバット】はコチラから


(END) Thanks for reading!

サインバットやサインボールな... 野球記念品, 卒団, 卒部記念品...

ページトップ