トレーニング竹バット|トレーニング用に開発された竹バットとは②

JBオリジナルブランド トレーニングバット トレーニング方法 バッティングの基礎 バットの選び方 名入れ刻印 少年用竹バット 少年用竹バット推進プロジェクト 少年野球 竹バット 豆知識 野球 野球, インフォメーション 野球, オリジナルバット,硬式用, 軟式用, 木製バット, 金属バット 野球, 基礎, 知識

スイングスピードを上げるには、重いバットではダメ

昔は、重いバットを振って練習すればスイングスピードが上がると言われていました。

しかし、現在では、スポーツ医学の進歩によりその考えは間違いであることが分かりました。

スイングスピードを上げるには、筋肉がそのスピードを覚える必要があります。筋肉に速いスピードを教え込ませるには、バットが軽いということが重要です。

しかし、軽ければ良いということではありません。そこには一定の長さも重要です。

今回ご紹介するトレーニング竹バットは、スイングスピードをアップさせたい方に必携のバットです。重さも長さも考え尽くされて作られています。

90cmトレーニング竹バット

90cmトレーニング竹バットは、重さの違いで5種類が製造されています。

スイングスピードを上げることが目標である場合、軽量タイプを選ぶことになりますが、選手の体格やスキル次第でその基準は変わります。

ぜひ以下の商品説明を参考に、自分に合う重さを選んでください。

【90cm/550gタイプ】

<商品説明>

小学生・中学生にでも振れる90cmサイズの長尺スイングスピード強化バット。

高校生・大学生・社会人であれば、体のキレ、筋力のスピードアップを目的としたトレーニン用スイングバットとして最適です。

90cm/550gは、スイングバット専用としての王道サイズ!

スイングスピードをアップさせたい方におすすめする必須アイテム。

【90cm/650gタイプ】

<商品説明>

小学生・中学生にでも振れる90cmサイズの長尺スイングスピード強化バット。
軟式ボールであれば、トスバッティング、ティーバッティング、軽いフリーバッティング実打も可能です。

高校生・大学生・社会人(=硬式ボール使用)であれば、体のキレ、筋力のスピードアップを目的とした素振り、ティーバッティングまでは可能ですので、トレーニン用スイングバット+トレーニングティー用バットとしても使用できます。

90cm/650gは、硬式用ティーバッティングバットとしては、最軽量サイズ !

ティーバッティングでスイングスピードをアップさせたい方におすすめする必須アイテム。

【90cm/750gタイプ】

<商品説明>

小学生・中学生にでも振れる、フリーバッティング実打可能な(ただし軟式ボールの場合)90cmサイズの長尺バット。

硬式ボールの場合は、トスバッティング、ティーバッティングでは使用できますが、フリーバッティングでは使用しないでください。

高校生・大学生・社会人であれば、体のキレ、筋力のスピードアップを目的とした実打用トレーニン用スイングバットとして最適です。

90cm/750gは、硬式ボールの場合、トスバッティング、ティーバッティングは使用できますが、フリーバッティングでは使用しないでください。

軟式ボールの場合は、トスバッティング、ティーバッティング、フリーバッティングで使用できます。

実打も可能な90cmバット。

実打をしながら、スイングスピードやバットコントロール能力をアップさせたい方におすすめする必須アイテム。

【90cm/850gタイプ】

<商品説明>

小学生・中学生にでも振れる実打可能90cm長尺バット

高校生・大学生、社会人以上でも、実打可能です。(硬式ボールも実打可能です。)

90cm/850gサイズのユーティリティートレーニングバット。

市場では、長尺であれば1000g前後の重いバットが主流でしたが、長尺90cmの実打可能範囲の最軽量バットです。

硬式ボール、軟式ボールともに、トスバッティング、ティーバッティング、フリーバッティングで使用できます。

【90cm/950gタイプ】

<商品説明>

高校生・大学生・社会人向け、実打用90cmトレーニングバット。

体力アップ、身体を使ったバットコントロールのトレーニングに最適です。

90cm/950gは、市場ではあまり無いサイズです。

硬式野球で、トスバッティング、ティーバッティング、フリーバッティングのすべてのトレーニングに使用できいます。

90cmサイズの950gのサイズで、是非フリーバッティングして、遠心力を感じながら強い打球を打つトレーニングでご活用ください。

 

いかがでしたか?850g以上になると、スイングスピードを上げるという目的からは外れていると思いますが、選手によっては「軽い」と感じることもあるようです。950gはパワーを身に付けるためのバットと言えるでしょう。

⇒90cmトレーニング竹バットのご注文はコチラから


(END) Thanks for reading!

トレーニング竹バット|トレー... トレーニング竹バット|トレー...

ページトップ