バッティングの基礎|目からウロコ!これがバッティングの極意!~広澤克実氏の語るバッティング理論~④

トレーニング方法 バッティングの基礎 少年野球 豆知識

3つのエンジンと体重移動、体の回転軸をいつも意識しよう

腰【第1エンジン】
肩【第2エンジン】
腕【第3エンジン】
体重移動と体の回転軸。

前回までに解説したバッティングの基礎中の基礎。最重要キーワードです。

今回の本題は、「インコースとアウトコースの球の打ち方」ですが、ここでもこれらのキーワードがポイントとなります!

インコースとアウトコースでは打ち方が全く違う!?

「インコースの球は打てるのに、アウトコースの球は打てない」
「アウトコースの球は打てるのに、インコースの球は打てない」

そういうコメントをよく耳にします。
実は、インコースの球とアウトコースの球を打つのに、同じバッティングフォームでは打てないんです。

3つのエンジンと体の回転を絡ませて解説します。

<インコース>
インコースの球を打つ時には、3つのエンジン全てを使います
3つのエンジンのおかげでバットスピードが上がり強い打球を打つことができます。

※左肩の位置に注目。肩が完全に回転した状態での位置です。
指導⑥内角打ちWP編集済

<アウトコース>
第1のエンジン【腰】が起動した後、【肩】と【腕】の起動に時間差が余りありません。

すなわち、第2と第3のエンジンが同時に動く状態です。
それぞれのエンジンを十分に使わないので、その分バットスピードが落ちインコースの打球ほどは飛びません。

※肩と腕が同時に動く。左肩が開いていない状態
指導⑦外角打ちWP編集済み

いかがでしたか?
両者の違いは、「肩のエンジンを単独で使うか使わないか」でした!

今回はここまで。
次回は、広澤さんが語る「若い選手たちがやるべき事」をご紹介いたします!

<広澤克実氏の【フォーカスゾーン打撃理論】>
http://www.japan-ballpark.com/dvd.html


(END) Thanks for reading!

バッティングの基礎|目からウ... バッティングの基礎|目からウ...

ページトップ