バット選びの重要性

たけさんの野球便

先日終了しました日本シリーズ。皆さんは見ましたか?
偶然、最終戦をイベントで訪れていた広島で体感しました。
と、言ってもマツダスタジアムで観戦した訳ではなく、夕食を食べようと広島市内を歩いている時に、町中いたる所にカープおめでとう!の垂れ幕や看板が・・
飲食店、雑貨屋、何の接点も無い様な飲み屋さんまで・・・
とにかく市民、町中を上げて応援しているのがヒシヒシと感じました。
それは、今年だからか、久しぶりに優勝したからか、いつもそうなのか・・・
ただ、広島カープと言う球団は間違えなく広島の街、市民に愛されているんだなぁと思いました。

さて、今回のテーマはバット選びについてです。
それでは、プレーボール!

自分に合ったバット選びの重要性

私は幼い頃、バットを購入する際にデザイン、プロ野球の○○選手モデル、など、機能ではなく外観やイメージで買ってもらっていました。

それが、中学ぐらいから少しずつ、バットのバランス、振り抜きやすさ等、機能を考えてバットを購入する様になりました。

そして、レベル(年齢)が上がるにつれて自分に合ったバット選びに拘りを持つようになりました。それでは、自分にあったバットとはどの様な事でしょうか?

私が考えるのは、フルスイング出来るバットが自分に合ったバットだと思います。

では、フルスイングとは何か?

打つ準備をしてから、ポイントまで身体の軸がブレずに強く振れる事だと思います。

では、身体の軸をブラさずに強く振るにはどうしたら良いか?

身体から離れているバットのヘッドの重心がどこにあるか、構えた時に感じ、そのバランスが身体の重心と合っているかを確認する。

バットが重過ぎると、構えた時に上体(腕、肩)に力が入り、バットのヘッドが出てきません。(振り遅れ)逆に軽すぎると、自分のミートポイントまでヘッドが我慢出来ず、先に出てきてしまい、ゴロの山になってしまいます。

つまり、重過ぎても、軽過ぎても、良い結果は出にくいと言う事になります。

では、どうすれば良いのか?

練習方法は様々ありますが、私がオススメするのは 木製バットでの練習 です。

大学生以上は皆木製バットですが、出来れば小学生の頃から木製(竹)バットで練習する事をオススメします。木製(竹)バットであれば、バットの重心を分かりやすく感じれますし、良いポイント(=バットの芯)で打たないと(前回参照)金属と違って芯が狭いので手が痺れてしまいます。

子供に重いバット持たせても、まだ振れないから無駄だよ!と、言われた事があります。
全体的な重量が重いバットを振らせるのは年齢、筋力に合わせる必要があるかも知れません。

私が伝えたいのは、バットのヘッドに重さを感じれるバットを選んで欲しいと言う事です。
全体的な重さ=ヘッドが重い では、ありません。

その点を、周りの指導者、親御さんには理解して頂き、ヘッドが重くて初めは使いズラいかも知れませんが、木製(竹)バットを使って、ヘッドを意識したスイングが出来る練習の反復練習をする事で、自分に合ったバット選びが出来ると思います。

まずは、モノは試しで木製(竹)バットを使って見て下さい。

金属の800グラムと木製(竹)の800グラムは同じ800グラムのバットでもビックリするほど、構えた時の重さが違います。そして、振ってみると更に違いが分かります。

%e9%87%8d%e5%bf%83%e3%81%ae%e4%bd%8d%e7%bd%ae%e3%81%ae%e9%81%95%e3%81%84

 

すなわち、自分に合ったバット選びこそ、一流選手の一歩だと言えると思います。

道具に拘り、大切に扱う。感謝の気持ちは言葉や態度で示す。

一人でも多くの選手が、自分に合ったバットと出会い、大好きな野球を継続し、もっと仲間が増える事をいつも強く思っています。

それでは、また次回。

ゲームセット


(END) Thanks for reading!

野球用品|スパイクの修理・加... 道具を大切にする選手は上手く...

ページトップ