たけさん、桑田さんと真剣勝負!

たけさんの野球便

たけさん桑田さんと対戦する

皆さんは伝説のKKコンビをご存知でしょか。

1983~1986年に大阪PL学園に在籍した伝説の二人を。
桑田真澄さん、清原和博さん

甲子園結果

【桑田さん】
投手成績 25登板 20勝(通算記録)3敗  投球回数197 2/3 自責点34 防御率1.55
打撃成績26試合 104打数37安打 打率.356 本塁打6(通算記録)
甲子園勝利回数は歴代2位。
甲子園出場可能回数が6回から5回となった学制改革以降での勝利回数は1位

【清原さん】
打撃成績 26試合 91打数40安打 打率.440 本塁打13(通算記録)
投手成績 2登板 0勝(通算記録)0敗  投球回数4.1 自責点0 防御率0.00
甲子園の結果だけでこの成績。
まさに、怪物。

 

その怪物の一人、桑田さんと対戦する奇跡が起きました。

 

先日、MLBジャパンさんが協賛する、ゼビオカップに個人でエントリー。
何とこの大会はチームだけではなく、個人でエントリー出来、選抜チームを作り試合に出場できると言うユニークなシステムを採用しており、選抜チームのニューヨークメッツに選んで頂きました。

その後、なんと抽選で桑田さん率いる桑田パイレーツと対戦する奇跡に恵まれました。

が、噂では桑田さんは初回の1イニングのみの登板と言う事で対戦出来るかどうかわかりません。むしろ、選手全員対戦したいに決まっているので、もしチャンスがあれば対戦してみたいな~と考えていました。

対戦が決まってからは、みんなの足を引っ張ってはいけないと、久し振りに身体作りのランニング、筋トレ、スイングを日課とし、準備万全でその日を迎えました。

迎えた当日。


3番レフトでスタメン出場。奇跡!

あの、桑田さんと対戦出来る!テンションはマックスで迎えた1打席目。

 

1番、2番へのピッチングを見ているだけで感動してました。

そして、初球のストレートを狙う!と、決めて入った打席で、、

初球から打つのが勿体なくて、、、

ツーストライク追い込まれるまで、打席を楽しむ!その時間を有意義に、長く過ごす!と、謎の発想に切り替えてしまいました。

初球はアウトコース低めのボール球を見逃す。

感動、、、、

あの、桑田真澄さんが自分に投げてくれている、、、

続く2球目。

真ん中低めストライク。

続く3球目。

アウトコースピッタリのストレートでストライク!

動画で見て欲しいのですが、本当にピッタリくるんです。

打席だと、凄く低く遠くに感じてるのですが、動画だとアウトローピッタリ。

これは、凄すぎて打席でニヤケました。
動画で確認して下さい。
一度、打席を外しながらニヤニヤしている怪しいオジサンがそこにいます。。

この球で、甲子園、プロ野球、メジャーで戦っていたのか!
そんな、桑田さんからアウトロー手も足も出ない自分。

最高!!

と、変態的な考えでニヤケてしまいした。

ワンボール・ツーストライクで迎えた4球目。

絶対に見逃し三振や中途半端なスイングはしないと決めました。
ストレート狙いであのカーブが来たら打てない。
カーブ狙ってストレートなら当てれると考え狙いはカーブ待ちのストレート反応。
カーブのイメージは前の打者を見てインコースからの真ん中より。
肩を開かずに引き付けて、右中間へ!

イメージはバッチリ。

そして、運命の4球目。

来た球はカーブ!

良し、と思い打ちに行くと!

ボールが来ない。。。。

 

桑田さんのカーブはテレビで見ていると大きく曲がって見えていたので、そのイメージで待っていたのですが、実際はブレーキが掛かって、ボールが来ないんです。

動画で見て頂くと良く分かるのですが、打ちに行ってボールが来ない

バットを前に出して当てるのが精いっぱい、、、、

 

対戦結果はここでは言えませんが、打席でストレートとカーブを体感出来た充実感。

桑田真澄さん。本当に凄かった!試合後も挨拶に来てくれて、素晴らしい方でした。

下記の動画から対戦結果をご覧ください!

【対戦】たけさん 対 桑田真澄さん

全編見たい方はこちら


(END) Thanks for reading!

木製バット, メイプルバット|... 木製バット|世界に1つだけの完...

ページトップ