バッティング上達|ビデオプライベートレッスン~広澤克実氏の熱い指導がすごい!②

トレーニング方法 バッティングの基礎 バットの選び方 豆知識 野球, 基礎, 知識 野球, 旬な話題・コラム 野球, 書籍, 野球How to 本 野球教室, 野球講習会

広澤克実さんによる「プライベートビデオレッスン」。
その内容の一部をご紹介しております。今回は2回目!

広澤克実 ビデオレッスン

1回目では、【3つのエンジン】と【体重移動・体の回転】についてご紹介いたしました。
ここでも、【3つのエンジン】が出てきますよ~!
覚えていますか?

【3つのエンジン】
・腰(第1のエンジン)
・肩(第2のエンジン)
・腕(第3のエンジン)

この順番に起動させるんでしたよね!

このエンジンを念頭に置いて、早速レッスン内容をご紹介いたします!

 

インコースとアウトコース

「インコースの球は打てるのに、アウトコースの球は打てない」
「アウトコースの球は打てるのに、インコースの球は打てない」

よく聞かれる悩みです。実は、

インコースの球とアウトコースの球を打つのに、同じバッティングフォームでは打てないんです。

以下に両者の特徴を簡単に説明します。

<インコース>

インコースの球を打つ時には、3つのエンジン全てを使います。
よって、バットスピードが上がり強い打球を打つことができます。

★この写真は、インコースの球を打つフォーム。左肩の位置に注目!
広澤克実 ビデオレッスン インコース打ち

<アウトコース>

第1のエンジン【腰】が起動した後、【肩】と【腕】の起動に時間差が余りありません。
すなわち、第2と第3のエンジンが同時に動く状態です。
それぞれのエンジンを十分に使わないので、その分バットスピードが落ち、インコースの打球ほどは飛びません。

★肩と腕が同時に動き球を捉える。肩が開いていない。
広澤克実 ビデオレッスン アウトコース打ち

このように、バッティングフォームは随分違うのが分かります。

インコース、アウトコースをそれぞれ苦手としている人のほとんどが、

・インコースを打つフォームでアウトコースを打とうとする。
・アウトコースを打つフォームでインコースを打とうとする。

この状態に陥っているんです。

すぐに自分の癖を直すことは簡単ではありません。
普段の練習から、この違いを意識しながら練習することを取り入れてみましょう。

ポイントは、【肩のエンジン】を使うか、使わないか、です!

 

意識を変えてみる。そして基本を忘れない

受講生たちから寄せられた相談の中から2つ抜粋して、解決方法とともにご紹介いたします。

1. バッターボックスに入ると大変緊張して力を抜くことができない。

確かに、勝負が決まりそうな場面でバッターボックスに立つと、とても緊張しますよね。
そんな時は、「力を抜く」のではなく、「力を入れる」という意識に変えましょう。

どういう事かというと、
実は、入れている力を「20%抜く」とか、「30%抜く」という【抜く作業】は意外に難しいんです。
それよりも、「70%の力を入れる」「80%の力を入れる」のように、【入れる作業】の方が対応し易いんです。体をポジティブな方向に整える事が大事です。

 

2. どうしても左肩(右打ちの場合)が、打つ時に上がってしまう。

よく「ボールを上から叩け」と言われます。でも、この意識が強すぎると、高めのボールを打つ時にピッチャー側の肩が上がってしまいます。
バットをトップの位置に構えた時点で、バットの「芯」は高い位置にあり、そこからバットは自然に振り下ろされます。強い意識を持たなくても、上からバットは下りてきているんです。

それよりもバットを水平に振るという基本が大事です。

バッティングの基本は、
◆「肩」「腰」「膝」が、来るボールと地面に対して平行。
◆ 水平にバットを振る。

ここからバッティングは始まります。
そこに、体重移動や体の回転などが加わって、バッティングフォームが整えられ、技術が向上していきます。

 

それでは最後に、広澤さんが受講生たちにとても大事なメッセージを残してくれていますので、ご紹介いたします。

フィジカルを鍛えよう

広澤さんは言います。(以下)
広澤克実氏 ビデオレッスン コメント

今回の受講生の中には、バットの重さが合わなくて、バットに振り回されている子もいれば、上半身の動きは問題無いのに、下半身が弱くてフォームが崩れている子もいました。身長の割には、必要な筋力が乏しい子もいました。

バッティングの「技術」を身に付けることは大切なことですが、その練習と一緒に「筋力」アップもぜひ心がけてください。

★下半身の強化
★フルスイングの実践

ありきたりの事のように思いますが、とても大事な事なんです。

2回に渡りご紹介させて頂いたプライベートレッスンの模様でしたが、いかがでしたか?
受講生の少年たちには、個別にDVDが送られることになっています。
大いに参考にして、練習に励んでくださいね!

ボールパークドットコムでは、今後も広澤さんの協力を得ながら、ビデオプライベートレッスンを続けていく予定です。
イベント情報は随時ウェブサイトに掲載されますので、お見逃しなく!!


今回の広澤克実さんによる、「ビデオプライベートレッスン ダイジェスト版」を【YouTube】でも公開しております。
下記をクリックして、ぜひそちらもご覧くださいね!

http://www.youtube.com/watch?v=Os6t3M4yP5A


(END) Thanks for reading!

バッティング上達|ビデオプラ... 野球用品|夏の終わりの大バー...

ページトップ