バッティングの基礎|インパクトのポイントと体の向きをチェック!

バッティングの基礎 少年用竹バット 少年野球 野球, 基礎, 知識

安定してヒットを打てるようになるには、どんなコースのボールにも対応できるバッティングをすることが重要です。
そこで今回は、インコースやアウトコースのボールにも対応できるバッティングの基礎として、インパクトのポイントと体の向きのチェック方法について解説します。

インパクトの瞬間、バットに対して体がどこを向いているか普段から意識していますか?正しいバッティングをするためには、インパクトの瞬間の体の向きが重要になります。
今回の練習では、インパクトの瞬間は常にバットのグリップエンドがへその前に来るように意識して行います。
下記の5つのポイントをチェックしながら、体の向きを意識して練習を行いましょう!

≪インパクト時の5つのチェックポイント≫

  1. アウトコースのボールのポイントチェック
  2. 真ん中のボールのポイントチェック
  3. インコースのボールのポイントチェック
  4. リストターン時の体の向きのチェック
  5. リストターンとボディーターンが連動しているかのチェック

1.アウトコースのボールのポイントチェック
アウトコースのボールのポイントチェック
アウトコースのボールのインパクトは、体のやや後方で行います。インパクトの瞬間に体の正面にバットがあることを意識して振っていきましょう。
ボディーターンだけを先行させてリストを上げ過ぎると、ボールとバットの角度が悪くファールになってしまいます。

2.真ん中コースのボールのポイントチェック
真ん中コースのボールのポイントチェック
真ん中のコースのバッティングでは、リストターンを意識して体の正面でインパクトさせます。この時もバットは体の正面にくるようにスイング。
リストターンが上手くできていないと、ボールとバットの角度が悪く、引っ掛けた当たりになってしまいます。

3.インコースのボールのポイントチェック
インコースのボールのポイントチェック
インコースのバッティングでは、体のやや前方でリストターンを意識しボールを良く見ながらコンパクトにスイングします。インパクトの瞬間に完全にスイングしきってしまうと、ボールとバットの角度が悪くファールになってしまいます。

4.リストターン時の体の向きのチェック
振り始めから振り抜きまでの肘から下の動きを意識しながら、体の正面でのインパクトを行います。

5.リストターンとボディーターンが連動しているかのチェック
インパクトの瞬間の体の向きを意識しながら、リストターンとボディーターンがバラバラになっていないかチェック。最初から全てを意識するのは難しいですが、徐々に慣れていきます。
色々なコースのボールでバッティングトレーニングを行い、どんなコースでも対応できるバッティング力を身につけましょう。

今回の練習の一番のポイントは、インパクトのポイントが常に体の正面にくるようにバッティングを行うということ。アウトコースでも、真ん中でも、インコースでも、常にグリップエンドはへその前!を意識してバッティングを行ってみてくださいね。

体の向きのチェックには、通常使うバットより短く軽いバットを使うことがポイントです。軽め、短めのバットを使うことでリストターンやボディーターンを意識して振る練習がしやすくなり、インパクトの瞬間の体の向きのコツもつかみやすくなります。
それぞれの練習に合ったバットを選ぶことは、バッティング上達への近道です。ぜひ練習用のバットを準備して、バッティング練習に望んでみてください!


(END) Thanks for reading!

バッティングの基礎|バランス... 下町杯バッティング講習会(選...

ページトップ