グランド整備|自分たちで出来るグランド整備方法とは?③~トンボの正しい掛け方

グラウンド整備について グラウンド用土・グラウンド用舗装材 トンボ 少年用トンボ 少年野球 整備ツール 野球, グラウンド整備用品, グラウンド整備方法

釘レーキ付トンボを使おう!

雨上がり後のグランドを乾かすためにトンボを掛けると、表面に砂が出た状態になります。
前回までにご紹介したように、応急処置的対応とすれば正しい方法ですが、日照時間のある時に本来の整備方法でグランドを良好な状態に戻す必要があります。

雨が降ったことで、本来のグランドの柔らかい黒土は地面の下の方に沈んでいます。
まずは、それをしっかりとトンボで掘り起し、固まった黒土をほぐしながら均す必要があります。

表面をトンボでなぞったりブラシを掛けただけでは、見栄えは良いですがグランドコンディションとすれば良くありません。
土の硬さに差が出るために、イレギュラーバウンドの原因となってしまいます。

そこで必要なのが、しっかりとスパイクの深さまで掘ることができる「トンボ」です。

黒土を掘り起し、かつ、均すことも簡単にできるトンボ。
これを使えば、グランドコンディションを上げることができるはずです。

<【動画】正しいトンボの掛け方>
https://www.youtube.com/watch?v=HCGpLBTGLzg
正しいトンボの掛け方動画

これが、釘レーキ付トンボです!
釘レーキ付きトンボ①

拡大すると
釘レーキ付きトンボ②

トラクターなどを使った大掛かりなグランド整備は、年に1回程度行われるだけ。
普段から地道にトンボを掛けることで、最低限のグランドコンディションをキープすることが出来ます。

ぜひこの「釘レーキ付トンボ」を使ってみてくださいね!

<釘レーキ付トンボ>
http://www.japan-ballpark.com/products/detail70.html


(END) Thanks for reading!

グランド整備|梅雨の時期のグ... バットに名入れ刻印始めました!

ページトップ