和牛グラブ|ついに販売開始!和牛JBグラブ・ミット!②~特長

JBオリジナルブランド イチオシ&新製品 キャッチャーミット、捕手用グラブ ファーストミット, 一塁手用グラブ 三塁手用グラブ 二塁手用グラブ 名入れ刻印 和牛JBグラブ 外野手用グラブ 少年用グラブ 少年野球 投手用グラブ 遊撃手用グラブ 野球 野球, インフォメーション 野球, オリジナルグラブ, 硬式用, 軟式用, (JBグラブ)

和牛JBグラブはどんなグラブ?

和牛JBグラブ・ミットが2月1日に発売され、全国の特約店で販売が始まりました。

すでに「プロトタイプ」をお持ちの方から早々とご注文が入っております。「評判がいいね~!」というお声もお聞きしております。本当に嬉しい限りです!

さて、和牛JBグラブ・ミットの生い立ちは、前回のウェブマガジンでご紹介いたしましたが、今回は、その特長をご紹介いたします。

<和牛JBグラブ・ミットの特長>

①軽量

「なめし加工」と「組み立て」の高い技術によって、輸入革のグラブ・ミットと比べると軽量でフィット感に優れています。

②型崩れしにくい

輸入革は、輸送に時間がかかることで、輸送中に革の繊維が崩れ、硬くなってしまいがちです。その点和牛JBグラブは、牛皮の調達から組み立てまで全てを国内で行います。結果、牛革の繊維が保たれ、型崩れしにくいグラブ・ミットに仕上がりました。

③しなやかな粘り

脂肪分をあえて残した「なめし加工」と、1人の職人が全ての組み立てを行うことにより、しなやさ・強度・耐久性のアップを実現。柔らかくしなやかなグラブ・ミットになりました。

④薄化粧

「グラブの傷やシワを隠すため」また、「色艶を良くするため」に何度も色を入れているグラブが流通しておりますが、和牛JBグラブ・ミットは、脂肪分を残した加工を行っているため、色はあまり入りません。それが返って革には良い条件になっています。何度も顔料を入れてしまうと革が硬くなってしまい、滑りの原因になってしまうからです。和牛JBグラブ・ミットは最低限の「薄化粧」で仕上げております。そのため若干の黒ずみが残る場合もありますが、それがより自然に近い【証し】でもあります。

和牛JBグラブ・ミットの特長でした!

次回から、和牛JBグラブ・ミットを1つずつ詳しくご紹介いたします!

⇒和牛JBグラブ・ミットの詳細はコチラから!


(END) Thanks for reading!

和牛グラブ|ついに販売開始!... 少年野球|少年用竹バット推進...

ページトップ