グラウンド整備|グラウンドキーパーからのチョコっとアドバイス~ラインの引き方

グラウンド整備について グラウンド用土・グラウンド用舗装材 トンボ プロ野球 プロ野球キャンプ 修理・工房 大学野球 大学野球キャンプ 少年用トンボ 少年野球 整備 整備ツール 番外編 社会人野球 社会人野球キャンプ 野球, インフォメーション 野球, グラウンド整備用品, グラウンド整備方法 野球, ボールパーク, スタッフレポート 野球, 基礎, 知識 野球, 宮崎キャンプ情報 野球, 旬な話題・コラム 野球大会, 試合, 選手権 野球教室, 野球講習会

覚悟を決めて一気に引こう!

野球において、フェアかファウルで試合の結果が大きく左右される事があります。その判定の基準となるのがファウルラインです。最近は人工芝の球場も増えファウルラインを引く機会が少なくなっていますが、ラインを引くにあたって重要なことを紹介します。

%e3%82%b0%e3%83%a9%e3%82%a6%e3%83%b3%e3%83%89%e6%95%b4%e5%82%99%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%b3%e2%91%a1

<ラインが曲がることを恐れるべからず!>

ライン引きは技術や慣れもありますが、何より大事なことは、雑念を無くし覚悟を決めたら一気に前に進むことです。

後ろのラインを確認しながら引くのと、前だけ集中しながら引くのでは一目で分かるほど大きな差が出ます。

この時のコツですが、真下に目線を合わせるのではなく、車の運転と同じように周り全体に目線を合わせて引くと真っ直ぐ綺麗なラインを引くことが出来ます。

たかがライン引きですが、自分の引いたラインで試合の勝敗が決まると思うととても大事な事です。綺麗にラインが引けるとライン際の打球の判定も気になり、プレーと違った楽しみを味わえます。

⇒ボールパークのグラウンドキーパーたちの仕事に関心のある方は、コチラをクリック!


(END) Thanks for reading!

グラウンド整備にかける想い!... 野球記念品|卒団・卒部・出場...

ページトップ