宮崎フェニックスリーグでコーチングをモノにする|若い選手たちの鍛錬の場!

つぶやき 野球, フェニックスリーグ 野球, ボールパーク, スタッフレポート

ティーチングとコーチング

私の蔵書の一節を借りると、ティーチングとコーチングの差とは。

・ティーチング:教える側が答えを持ち、解答を示す。
・コーチング:教えられる側が答えに至る道を考え、解決策を模索し、自ら答えを導き出すように手助けをする。

すなわち、コーチングを施すことは、大胆で革命的な解決策を期待することでもあるのです。
厳しいようですが、答えを待っている時代は終わり、自らが動き解決策を見出さなければ生き残れない時代になりました。

フェニックスリーグでのコーチングをモノにする!

宮崎で行われているフェニックスリーグに参加している選手らは、一握りの、1軍レギュラーの座を争っているのですから、まさに生き残りゲームです。この教育リーグ期間の「コーチング」をモノにして、

・試合に貢献するヒットの打ち方を編み出した選手
・バッターを上手く抑えるピッチングを編み出した選手
・ミスをしない守備を編み出した選手
・価値ある走塁を編み出した選手

そんな選手が生き残って行くんでしょうね。

人生の縮図のようで、非常に厳しい世界ですが、がんばれファーム選手たち、、、、、。と思う傍ら、われわれも、日々、生き残る術を編み出す姿勢を失なわないようにしないといけないと感じております。

がんばろう日本!
がんばろう日本、生目の杜スタジアム


(END) Thanks for reading!

グランド整備にはトンボ |釘レ... 野球グラウンド管理|雨の予報...

ページトップ