ピッチングマシン, 中古ピッチングマシン|最低は知っておきたいピッチングマシンのこと!~使用上の注意点とは?

JBオリジナルブランド 中古ピッチングマシン 修理・工房 少年野球 整備 新品ピッチングマシン 豆知識 野球 野球, インフォメーション 野球, グラウンド整備用品, グラウンド整備方法 野球, ピッチングマシン 野球, 基礎, 知識

ピッチングマシン使用上の注意

前回は、「ピッチングマシン購入前に知っておきたい事」をご紹介いたしました。

今回は、購入後のピッチングマシン使用の際に注意してもらいたい事を詳しくご紹介いたします!

1. 投球に関する注意点

・ピッチングマシンにボールを投入している時は、絶対にピッチングマシンの前に行かないでください。

・投入する人は、必ず前や周囲を確認し、安全を確かめてから投入してください。

※声を出したり、手を上げたり等の合図をして打者の確認を取るようにしてください。

・ボールを投入する人は、ヘルメット、マスク、キャッチャーマスク、プロテクターなどの防具を着用し打球に十分気をつけて下さい。

%e3%83%94%e3%83%83%e3%83%81%e3%83%b3%e3%82%b0%e3%83%9e%e3%82%b7%e3%83%b3%e4%bd%bf%e7%94%a8%e4%b8%8a%e3%81%ae%e6%b3%a8%e6%84%8f%e2%91%a0

2. 防球に関する注意点

ピッチングマシンの前には、必ず防球ネットを設置しボールが通過する穴はできるだけ小さくしてください。 ネットに打球が当たってもマシンにボールが当たらないように距離を確認してネットを設置して下さい。

マシンに打球が当たると衝撃で部品が破損する場合があります。

また、複数のピッチングマシンや投手で練習をする場合は、側面にも防球ネットを設置してください。

⇒ボールパークドットコムの【防球ネット】

ピッチングマシンを操作する人は、ヘッドギア、ヘルメット、キャッチャーマスク、プロテクター等の防具を着用して打球等に十分注意してください。

%e3%83%94%e3%83%83%e3%83%81%e3%83%b3%e3%82%b0%e3%83%9e%e3%82%b7%e3%83%b3%e4%bd%bf%e7%94%a8%e4%b8%8a%e3%81%ae%e6%b3%a8%e6%84%8f%e2%91%a1

3. 使用球に関する注意点

ピッチングマシンに適合する規格以外のボールや、ボール以外の物は絶対に投入しないでください。

マシンは使用球(硬式・軟式・ソフト)に合わせて、それぞれ異なった仕様で製造されています。

仕様にあったボール以外は絶対に投入しないで下さい。故障の原因となります。

軟式専用マシンや、軟式仕様マシンに硬球や準硬式、ソフトボールを投入すると、間隔がせまい為にボールの通過時に幅が広くなったり、ローターを壊したりします。

ちがう種類のボールやボール以外の異物は絶対に投入しないでください。

⇒ボールパークドットコムの【マシンボール】

4. 運搬・倉庫・保管に関する注意点

ピッチングマシンの移動は、慎重に、なるべく大人2人以上で行ってください。

ピッチングマシンは、倉庫等に保管してください。

倉庫等の保管場所内は、涼しく乾燥した状態を保ってください。

5. 電源に関する注意点

ピッチングマシンの電源はAC100Vです。

AC100V以外の差込みには絶対に差し込まないでください。

電源側の電力が最低15A(20A推奨)以上で使用してください。

ピッチングマシンを2台以上で使用する場合は、別々の電源からコードを取り使用してください。

1つのコードリールから複数のピッチングマシンを接続しての使用は避けてください。

6. 延長コードに関する注意点

コードリール等の延長コードは、ピッチングマシンの出力に適合したコードを使用し、巻いたままでなく必ず全部引き出して使用してください。

通常の場合、50m以内で規格2.0mm2以上のコードを使用してください。

50m以上の場合には3.5~5.5mm2等の太いコードが必要です。(※推奨コードリール: 別売り)延長コードはマシンまで届く距離より少し余裕がある程度がベストです。もしも余った場合は、必ず全部を引き出してご使用下さい。 容量の低いコードを使うと電圧低下をおこして回転が悪くなったり、モーター等を壊します。延長コードは指定のものを使い50m以内で使用して下さい。

7. 天候に関する注意点

漏電事故防止のため、雨天の時は使用しないで下さい。

ピッチングマシンの取扱いについては、ご使用前に取扱説明書をよくお読みのうえ正しくご使用下さい。

8. その他注意点

マシンの点検、給油などは定期的に行って下さい。

ローターマシンのローター・アームマシンのアームが回転している時は大変危険ですので回転部分には絶対に手をふれないで下さい。

 

いかがでしたか?参考になれば幸いです!

次回は、ピッチングマシンのメンテナンスについてご紹介いたします!

ボールパークドットコムの中古ピッチングマシンは、コチラから↓

%e4%b8%ad%e5%8f%a4%e3%83%94%e3%83%83%e3%83%81%e3%83%b3%e3%82%b0%e3%83%9e%e3%82%b7%e3%83%b3%e6%96%b0%e3%83%90%e3%83%8a%e3%83%bc


(END) Thanks for reading!

ピッチングマシン, 中古ピッチ... ノックバット, 木製バット|好...

ページトップ