バッティング上達にピッチングマシンを活用しよう!|スローボールマシン登場!

イチオシ&新製品 トレーニング方法 バッティングの基礎 中古ピッチングマシン 少年野球 新品ピッチングマシン 豆知識 野球, インフォメーション 野球, グラウンド整備用品, グラウンド整備方法 野球, ピッチングマシン 野球, 基礎, 知識

溜めて打つ!芯で打つ!

ボールパークドットコムのトレーニング竹バットを使った【実践トレーニング法】を、何度かこのウェブマガジンでご紹介してきましたが、今回ご紹介するのは「マシンを活用したトレーニング」です!

マシンと言っても、普通のピッチングマシンではありません。

その名も「スローボールマシン-NT010」

newnt010%e3%82%b9%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%9c%e3%83%bc%e3%83%ab%e3%83%9e%e3%82%b7%e3%83%b3%e9%80%8f%e9%81%8ewp

一般的にピッチングマシンを使ったバッティング練習は、110k~150km/hといったストレートを中心とするオーソドックスな練習方法ですが、ボールパークがおすすめする練習は30~40km/hの遅い山なりのボールを、しっかり溜めて打つ練習です。

どんな球でも自分のタイミングでスイングするには、できるだけ体の近くまでボールを引き付け、見極めてからスイングを開始しなければなりません。緩急のある投球に身体が崩れず、力強い打球を打つにはトップに溜め(ため)をつくり、その力をバットに伝えながらスイングをし、バットの芯に当てることが大切です。

「スローボールマシンNT010」は下図のように約2~2.7mの高さの山なりの緩やかなボールを投げるピッチングマシンです。

%e3%82%b9%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%9c%e3%83%bc%e3%83%ab%e3%83%9e%e3%82%b7%e3%83%b3nt010%e8%a7%a3%e8%aa%ac%e5%9b%b3

トレーニング用竹バットで普段練習するのに加えて、このスローボールマシンを上手に活用することで、しっかり溜めを作りバットの芯でボールを捉えることが出来るようになります。

「スローボールマシンNT010」は、他のピッチングマシンと比べると値段も安く、導入しやすいマシンということで人気急上昇中です!

普段の練習に取り入れて、バッティングの基礎作りにぜひ活用してください!

⇒スローボールマシンNT010の詳細はコチラから


(END) Thanks for reading!

高校野球, 硬式野球|竹バット... グラウンド整備用品, グラウン...

ページトップ