ピッチングマシン|効率の良い練習を行うための必需品!②

トレーニング方法 バッティングの基礎 中古ピッチングマシン 少年野球 新品ピッチングマシン 豆知識 野球 野球, ピッチングマシン 野球, 基礎, 知識

溜めて打つ!真芯で打つ!そのためのマシンとは

一般的にピッチングマシンは110k~150km/hといったストレートを中心とするオーソドックスな練習方法ですが、ボールパークドットコムがおすすめする練習は30~40km/hの遅い山なりのボールを、しっかり溜めて打つ練習です。

どんな球でも自分のタイミングでスイングするには、できるだけ体の近くまでボールを引き付け、見極めてからスイングを開始しなければなりません。緩急のある投球に身体が崩れず、力強い打球を打つにはトップに溜をつくり、その力をバットに伝えながらスイングをし、バットの芯に当てることが大切です。

今回登場するマシンは、その名も「スローボールマシン」。約2~2.7mの高さの山なりの緩やかなボールを投げるピッチングマシンです。まさに、溜めて打つ、真芯で打つ練習にうってつけ!

早速ご紹介していきましょう!

【硬式・軟式両用】スローボールマシン/NT010

<商品説明>

・山なりのスローボールを投球する。
・引き付けて打つ練習に最適!
・自分のスイングの確認をしながら、打撃・バントの練習ができる。

⇒価格など詳細はコチラから!


(END) Thanks for reading!

ピッチングマシン|効率の良い... 中古ピッチングマシンを手に入...

ページトップ