和牛JB

Leather/革 ~黒毛和牛へのこだわり~

現在、野球グラブ・ミットの原材料「革」は、ステアハイド、キップ。これらは主にアメリカ、ヨーロッパ産の牛を原皮(=原材料)としたもの。革の堅さがグラブに適しており、手に入りやすいのが特徴だ。

しかし、和牛JBでは日本古来のDNAを受け継ぐ黒毛和牛の皮のみを厳選。皮の特性を活かした最高のグラブ作りにこだわった。なお、宮崎県産黒毛和牛は全国和牛能力共進会で史上初の3大会連続、内閣総理大臣賞を受賞している。

革

Tanning/なめし ~日本最高のなめしによる革~

原材料である「皮」を「革」にする工程「なめし」にもこだわっている。

黒毛和牛は一般的に食用であるため、霜降りと言われるように脂分が多いのが特徴。なめしの工程でこの脂分を適度に残し、強度や耐久性を維持するには、それをおこなうタンナーの技術が必要となる。

軽量でソフト、もちもちした感覚でありながら、型くずれせずしなやかな革を使用している和牛JB。黒毛和牛の特性、そしてタンナーの技が余すことなく注ぎ込まれている。

なめし

Made in Japan/日本製技術 ~世界的に評価の高い技術力~

技術がきわめて高い職人が手がける「Made in Japan」が世界的に評価されている。野球グラブ・ミット作りの技術も同様に、日本から世界へ伝承され生産、販売される流れとなっている。しかし国内に目を移すと、製作コストの削減のため生産が海外(アジア等)へシフト、国内生産が大幅に縮小しているのが現実だ。

和牛JBのグラブ・ミットは、これまでの日本の一流選手のものを作り上げてきたグラブ職人が丹念に作り上げる。そのためメジャーリーガーをはじめ、多くの選手たちからも高い評価を受けている。

日本製技術

WAGYU JB GLOVE & MITT STANDERD 10 MODELS

投手用横捕り 投手用縦捕り 捕手用 捕手用 一塁手用 内野手用 内野手用 内野手用 内野手用 外野手用

このページのトップへ