インドアビュー

FAX注文書

カレンダー

2017年12月の定休日
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

ショッピングカート

商品数:0点

合計:0 円

カゴの中を見る

商品カテゴリー

野球を楽しむお子さんと親御さんへ「野球コラム たけさんの野球便」

木製バットのインパクトの瞬間をハイスピードカメラで撮影!芯で打った場合・芯の内側・外側で打った場合のバットの動きの注目。

「フォーカスゾーン打撃理論」広澤克実/野球がうまくなりたい!と願う小学生、中学生と、その保護者に贈る、抜群にわかりやすいバッティング理論の決定版DVD!

カタログダウンロード

記念品作例集

クラブ・スパイクの修理なら 修理工房

【ミニバットエコサイクル】限りある木製バットを次世代のベースボールプレーヤーに残す為の活動です。

【竹バットが選ばれる理由】竹バットでバットコントロールの習得!

【バットサイズの選び方】身長・体重別バット一覧表

【大学野球】バットに関する規定

【社会人野球】バットに関する規定

【YouTube動画配信】商品紹介やバッティング講座の動画配信中!

【ウェブマガジン】野球が上手くなる!深くなる!商品情報・お客様の声キャンプ情報などの情報満載!

【スタッフブログ】毎日更新中!

ホーム > JBバット > 【大学野球】バットに関するルール規定について

【大学野球】バットに関するルール規定について

大学野球の用具 ~バット関する規定~

(1)素材

  1. ①公認野球規則[3.02 バット]によるものとする。ただし、全日本野球協会アマチュア野球規則委員会と全日本バット工業会との合意に基づくバットでなければならない。

    ※全日本野球協会アマチュア野球規則委員会と全日本バット工業会の合意に基づくバットとは所定の位置に「BFJロゴマーク」が押印されているものである(図①、②)。

    ※全日本バット工業会により公示されるブランドの一覧表は全日本大学野球連盟ウェブサイトに掲載。
    【公益財団法人 全日本大学野球連盟】

  2. ②前項①のただし書きにもかかわらず、日本プロフェッショナル野球組織により承認を受けているバットについては使用を認める。

    ※日本プロフェッショナル野球組織により承認を受けているバットとは、所定の位置に「NPBロゴマーク」が押印されているものである。

  3. ③木片の接合バット、竹の接合バット及び圧縮バットの使用は認めない。

BFJマーク

バットに関する規定について(平成 26 年 3 月 4 日通達)

※1 平成 26 年度は、全日本バット工業会から公示されているブランドであれば、BFJ および NPBマークが押印されていなくても使用を認める。

ただし、来年度以降は本規則を完全実施するので、新たに購入する場合は、必ず規則通りのバットを購入すること。

なお、平成 26 年 6 月・11 月に開催される第 63 回全日本大学野球選手権大会および第 45 回明治神宮野球大会においては、本規則を適用するため、BFJ および NPB マークが押印されていないバットについては使用を認めないので注意すること。

※2 当初の予定通り、全日本大学野球選手権大会および明治神宮野球大会に出場することができない 2 部以下の下部リーグの試合においては、 平成 26 年度以降も BFJ および NPB マークが押印されていないバットや、木片の接合バット、竹の接合バットの使用を認める。

ただし、下部リーグの試合でも、全日本バット工業会公示ブランドでなければならない。また、下部リーグの試合でも圧縮バットの使用は認めない

(2)形状・規格  公認野球規則 [3.02a、b、c]のとおり

公認野球規則 3.02 『バット』

(a)バットはなめらかな円い棒であり、太さはその最も太い部分の直径が2.6インチ(6.6cm)以下、長さは42インチ(106.7センチ)以下であることが必要である。バットは1本の木材でつくられるべきである。

「付記」接合バットまたは試作中のバットは、製造業者がその製造の意図と方法について、規則委員会の承認を得るまで、プロフェッショナル野球(公式試合及び非公式試合)では使用できない。

「注1」我が国のプロ野球では、金属製バット、木片の接合バットおよび竹の接合バットは、コミッショナーの許可があるまで使用できない。

「注2」アマチュア野球では、各連盟が公認すれば、金属製バット、木片の接合バットおよび竹の接合バットの使用を認める。(ただし、接合バットについては、バット内部を加工したものは認めない。6.03a4参照)

「注3」アマチュア野球では、金属製バットを次のとおり規定する。

  • ①最大径の制限=バットの最大直径は、67ミリ未満とする。
  • ②質量の制限=バットの質量は、900グラム以上とする。なお、金属製バットの質量とは完成品であり、ヘッドキャップ(一体成形等により、ヘッドキャップを用いていないものにあっては、それと同等の部位)、グリップエンドノブ、グリップテープを除いた本体の質量は、810グラム±10グラム以上とする。
  • ③形状の制限=金属製バットの形状は、先端からグリップ部までは、なだらかな傾斜でなければならない。  なお、なだらかな傾斜とは、打球部からグリップ部までの外径の収縮率(全体傾斜率)が、10%を超えないことをいう。  また、テーパー部の任意の箇所においても、50ミリの間での外径収縮率(最大傾斜率)は、20%を超えないことをいう。
  • 「軟式注」軟式野球では、この規定を適用しない。


    (b)カップバット(先端をえぐったバット)

    バットの先端をえぐるときには、深さ1 1/4インチ(3.2センチ)以内、直径1インチ以上2インチ(5.1センチ)以内で、しかもそのくぼみの断面は、椀状にカーブしていなければならない。なお、この際、直角にえぐったり、異物を付着させてはならない。


    (c)バットの握りの部分(端から18インチ(45.7センチ))には、何らかの物質を付着したり、ザラザラにして握りやすくすることは許されるが、18インチの制限を超えてまで細工したバットを試合に使用することは禁じられる。

    「付記」審判員は、バッターの使用したバットが、バッターの打撃中または打撃終了後に、本項に適合していないことを発見しても、バッターにアウトを宣告したり、バッターを試合から除いたりする理由としてはならない。

    「原注」パインタールが18インチの制限を超えて付着していた場合には、審判員は、自らの判断や相手チームからの異議があれば、バットの交換を命じる。制限を超えた部分のパインタールが取り除かれた場合だけ、バッターは以後その試合でそのバットを使用することができる。

    バットの使用以前に指摘がなければ、本項に適合していないバットによるプレイはすべて有効であり、また、そのプレイについて提訴は認められない。

    (3)色

    素材の色(自然色)、黒色、ダークブラウン、赤褐色および淡黄色系とする。

    ただし、木目を目視できるもので、稚拙な塗装技術を用いてないものとする。

    (例えばボールに塗料が付着するなど)。

    なお、メープルに限っては、その特性を考慮し、“ポッキー”を認める。

    つまり、打球部で木目が目視できなくても、グリップ部分(端から 18 インチ)で木目が確認できればよいこととする。

    (4)グリップ

    ①バットの握りの部分(端から 18 インチ以内)には、テープを巻いて握りやすくすることは許される。
    ただし、テープを厚く巻いたいわゆる“こぶ”バットならびに凹凸タイプのテープを付着することはできない。

    ②バットの握りの部分(端から 18 インチ以内)を樹脂等で補強したバットを使用することができる。

    (5)商標

    ①バットの先端部分には、バットモデルとバットの品名・品番・材種の表示することができる。

    マーク類は表示できない。大きさは、バットの長さに沿って縦 5 センチ、横 9.5 センチ以下とする。

    文字の大きさは縦、横とも 2 センチ以下とする。

    ②握りに近い部分には、製造業者または製造委託業者の名称を含む商標を表示する。

    大きさはバットの長さに沿って縦 6.5 センチ以下、横 12.5 センチ以下とする。

    ③これらの商標は、すべてのバットの同一面に表示する。

    (6)チーム名等

    バットのグリップエンド以外にチーム名および個人名は表示できない。

    このページのトップへ